ハウスメーカーのディーラー制

ハウスメーカーのディーラー制

ハウスメーカーのディーラー制 ハウスメーカーのディーラー制とはどういう事かというと、簡単に言うと自動車のディーラーと同じです。販売店と製造している所が別々にあり、さらに販売店でも同じハウスメーカーの名前を使っているにもかかわらず、それぞれの販売店が独立採算制の別会社になっているという形の事です。
その為日本国内では、同じハウスメーカーの名前の販売店でも他県になると異なりますし、同じ県内でも異なる事があります。
その結果同じ名前の会社であるにもかかわらず、価格競争が起こり、それぞれの販売店によって価格が異なるというのが大きな特徴として挙げられます。
つまりこうしたディーラー制をとっているハウスメーカーで家を建てようと決めた場合、同じメーカー内の各販売店から見積もりをとって、一番安い所と契約する事が出来るというのがメリットです。
その一方、やっとの事でどのメーカーに依頼するかを決めたのに、さらにそこからどの販売店と契約するかを決めなければいけない為、手間がかかるというのがデメリットでもあります。

ハウスメーカーとデベロッパーの違いについて

ハウスメーカーとデベロッパーの違いについて 「ハウスメーカー」や「デベロッパー」といった不動産会社は住宅事業を手掛けています。この2つの違いは何でしょうか。
まず、ハウスメーカーとは、全国的に展開されている不動産会社のことをいいます。住宅の建設を行い、個人個人に住宅を売ることを主な目的としています。
また、施設の設計や施工など、全ての過程をその会社で行うことが特徴です。ハウスメーカーは主に戸建住宅を取り扱っていますが、アパートやマンションを取り扱う企業もあります。
一方、デベロッパーとは、地域の街づくりを目的とした規模の大きい施設を取り扱う不動産会社です。不動産の様々な業務のうち、企画や開発にあたる過程を担い、設計と建設といった業務はほかの専門家にお願いするという形をとっています。
商業施設やタワーマンション、エリア開発をはじめ、多くの人が集まる大規模な場所に力を入れています。よって、地域に密接に関わり、街づくりの一環として事業を行うことが特徴です。