ハウスメーカーについての情報が満載です!

ハウスメーカーの設計技術

ハウスメーカーの設計技術 ハウスメーカーは明確な定義はなく、規格化された高い品質の注文住宅を作れる設計技術がありそれを全国規模で展開している会社です。
テレビのCMやネット広告も行い、住宅展示場でもモデルハウスを見かけることが多いのがハウスメーカーです。
全国展開している大手からある程度地域に密着した中規模のメーカーもあり、共通しているのは構造体が決まっていることです。
各ハウスメーカーは自社の構造体が優れていることを売るときのポイントにし、大体は形式適合認定制度を適用し、建物建築確認申請の書類作成・審査も簡素化させてます。
一棟ごとに構造計算をしなくても基本プランをベースに、間取りや仕上げの要望に応じます。
基本プランが決まっているので、お客とのやり取りは営業マンが行い間取りの打ち合わせなどもします。
インテリアコーディネーターも選任しますが、提携先のメーカーの商材の中から選ぶ形で、基本は提供する住宅を統一することで生産コストを下げて、工期も短縮さえて安価で高い品質の住宅を提供します。
特注の要望も受け付けてはいますが、費用は高くなりますが、気に入ったプランがあり機能・費用も要望とあえばメリットは大きいです。

ハウスメーカーでなされる在来工法の種類について

ハウスメーカーでなされる在来工法の種類について 日本の住宅には、校倉造という在来工法を実施するハウスメーカーが多くあります。
ここではこの建設施工の方法を詳しくみていくことにしましょう。
国内の大半の地域で高温多湿の気候となっており、地面から高い位置に基礎を設置して床を作らないといけません。
ハウスメーカーでは在来工法である校倉造を実施しつつ、さらに今の世の中に適している施工も組み込んでいるのがポイントです。
たとえば盛り土をおこなったうえに基礎を建設する住居をご存知ないですか。
これは津波や地震が多発する地域で採用されている施工で、東北では数多く目に出来る住まいです。
2010年の東北大震災以降は、ハウスメーカーでは積極的に活用されてきました。
床を高くすることで浸水被害を免れて、安心して暮らせる住居を手に入れられるわけです。
なお、ハウスメーカーでは注文住宅のときは必ず、家主のどんな工法で建設をするのかをヒアリングされるので、自分の希望をしっかりと伝えると良いです。